本文へ移動
日本パイプレンジャー株式会社
〒354-0041
埼玉県入間郡三芳町大字藤久保279番地
TEL.049-257-8581
FAX.049-257-8582
────────────────
・トイレ排水管尿石除去作業
・排水管高圧洗浄作業
・排水管詰り直し作業
・排水管内カメラ調査
・側溝・グレーチング清掃
・ 給排水ポンプ工事
・ 給排水衛生工事
・ 排水槽・グリストラップ清掃
・ 給排水ポンプ工事
────────────────
活動エリア
埼玉、東京、千葉、
神奈川、群馬、栃木
茨城等の関東一円

トイレ排水管尿石除去作業

尿石除去対応地域

対応地域 埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、群馬県、茨城県、栃木県
     長野県、山梨県、新潟県
     福島県、宮城県、山形県、岩手県、秋田県
     静岡県、愛知県、富山県、岐阜県
その他都道府県(要ご相談にて)
※一部地域は受けられない場合等あり※要ご相談を
 ※緊急の小便器詰まり直し(一時的な詰まり解除作業)は地域により、行えない場合があります

最近、尿石によるトラブルが急増しております。

小便器排水の流れが悪く、頻繁に詰まる、排水が逆流し内部、外部の排水が溢れる、トイレ内が独特の悪臭がする。
 
これらの原因のほとんどが、排水トラップ(小便器の排水口)や排水管内に付着した尿石が原因です。
 
 
 
 
汚水排水管切断面
管内に尿石が多量に付着した写真
上記の写真のように、尿石が多量に管内に付着すると管閉塞をおこし、排水詰まりにおちいります。
 
また尿石が、付着することにより、独特の悪臭を放つと共に、衛生面でも問題が生じます。
 
※特に中水道(再利用水)を排水に使用している建物や、単独の小便器排水
 を使用している建物は3~6割増しで付着しやすいようです。
 
※また使用量が多い場合や、定期的メンテナンスを怠った場合なども危険性
 が増大します。

尿石による排水詰まりの危険

尿石は、放置しておくと石のように硬くなり、排水詰まりを引き起こした場合、詰まった箇所を直しても、下の排水で再詰まりを引き起こす可能性が大きい為、非常の直しにくく、費用も高額になり後日、再発する可能性もあります。
 
汚水縦管が詰まった場合、詰まった階から上階のすべての同系統は使用不可能になる危険性があり、お客様の会社の運営に多大支障をきたすだけではなく、詰まり直しが不可能な可能性もあり、管工事となりますと、設備工事だけでなく、建築工事も必要となり莫大な損害がでる危険性があります。
 

尿石は高圧洗浄では落ちきらないことをご存知ですか?

排水管のメンテナンス作業で皆さんが思いつくのが、高圧洗浄水による管洗浄とだと思いますが、硬くなった尿石は高圧洗浄のみでは、落ちきりません。
 
 
 
 
洗浄前の汚水管内
 
尿石が付着し管閉塞が見て取れます。
 
 
 
高圧洗浄と薬品洗浄のみで洗浄した
排水管内
 
尿石のやわらかい部分のみ落ちて、硬い尿石は落ち切りません。
 
その為、トイレットペーパーの引っ掛かりや再詰まりが懸念され、尿石が再付着した際に下層はさらに硬く厚くなる為、管閉塞をさらに深刻化します。
 
 
 
 
当社洗浄後、排水管内
 
管閉塞が取り除かれているのが分かると思われます。
 
ここまで洗浄(清掃)しないと意味を成しません。
上記の写真を見ていただくと、お分かりになると思いますが、高圧洗浄のみの洗浄作業では、硬い尿石までは落ちきりません
 
この状態のメンテナンスを続けて行っていくと、下の硬い層だけ残っていき配管の曲り部分等から、段々、管閉塞、排水詰まりになり、最終的に管工事へとつながります。
 
この様な、通常の洗浄業者が行えない、硬くなった尿石への対処も、当社では様々な特殊洗浄方式で施工を行っております。

他社で解決が出来ない場合もご相談下さい!

最近、お客様から、よくご相談をお受けするのが、
 
「定期的に排水管洗浄を行っているのに2~3か月位立つと頻繁に小便器の排水が詰まり始める」
 
と言うご相談がありますが、使用量、構造上の問題もありますが、多くの問題は、作業業者の技術力不足、経験不足、洗浄不足が考えられます。
 
 
 
付着した尿石をよく洗浄
わなかった為に直ぐ排水詰
りを引き起こした。
 
 
 
 
 
高圧洗浄をしたが洗浄が不十分だった為、尿石の塊が吹き飛んで管内に残り、再度付着した尿石と結合しこぶ状となり管閉塞詰まりを引き起こした。
 
その他にも、洗浄時のトラップ尿石除去不足も考えられます。
 
当社では、この様なトラブルを防止する為に、管内カメラによる洗浄前、洗浄後の管内調査を推奨しております。
 
 
 
 
管内調査用カメラ
20~30m
 
 
 
汚水管内カメラ調査中
 
 
 
管内を撮影した写真

尿石付着防止装置、薬品洗浄について

ここでは、お客様が勘違いしやすい、尿石付着防止装置と薬品洗浄についてご説明いたします。
 
 
 
尿石付着防止装置について
 
 尿石付着防止装置を取り付ければ、小便器排水管内にまったく尿石が付着しないイメージがありますが、これは間違です。
 
尿石付着防止装置は小便器の排水口(トラップ)の尿石付着防止と排水口に尿石が付着することにより、臭気が発生するのを抑えるに基本的な効果を発揮します。
 
排水管内に対しては、ほとんど効果が見受けられません。
 
 
ほとんどの方が、この用途の違いを勘違いされる方が多く、気づいたころには詰まりが頻発す、大事になりやすく、ご理解の上、メンテナンスを行わないと大変危険ですので、ご注意下さい。
 
また、尿石付着防止装置は、すでに付着してしまった尿石には効果はありませんのでご注意下さい。
 
 
 
薬品洗浄について
 
薬品洗浄は小便器排水口(トラップ)に対しては有効となりますが、基本的にこちらも管内に対しては水と一緒に流れてしまうので、あまり効果は得られません。
 
 
 
この様に、尿石付着防止装置にせよ、薬品洗浄にせよ、小便器の排水口(トラップ)には効果を発揮しますが、根本的な問題解決につながらない為、必ず排水管内まで清掃を行う必要性があことをご理解いただけたら幸いです。
 
当社といたしましては、必ず系統全体の清掃をお薦めいたします。
※詳しくはお問い合わせ下さい。

尿石除去専門チーム

最近、私どもの業界も、フランチャイズ化や機械を買えば、簡単に出来る等の間違った考えから、業界全体の技術力が低下し、尿石洗浄のような危険性の高い洗浄を理解しないまま行い、お客様に多大なご迷惑をかける会社も増えており、嘆かわしいかぎりです。
 
その様な技術力低下を防止する為にも、当社は経験豊富な技術がある職人で結成した専門チームにて尿石洗浄を行っております。
 
 
また、我々としましては、お客様の施設設備をよりよく、お使いになっていただく為、お客様のご要望をお聞きすると共に、給排水設備のアドバイザー的なことも行わせていただいております。
 
少しでもお客様のお役に立てれば幸いです、プロ意識、情熱をもって作業を行っておりますので、よろしくお願いいたします。
 
専門職だから他社で行えない作業が行えます、確実な解決をお考えのお客様、是非ご相談下さい。
 
TOPへ戻る